· 

アナーハタチャクラ 風の扉

岡山 ヨガ 健康 フィットネス ウェルネス 画像イメージ

ここ何日か、アナーハタチャクラが気になって、

毎朝のヨガにこのチャクラに特化したヨガを取り入れていた。

 

※※※※※

 

第4チャクラ

Anahata Chakura (アナーハタチャクラ)

風の扉

位置:胸の中央

働き:自分力・パートナーシップ、バランスをとる

   無条件の愛、共感、許す、癒す

色:緑色

元素:風(air)

学び:無条件の愛

 

アナーハタチャクラは、上と下との架け橋チャクラ。

 

※※※※※※

 

最近自分の中で悶々とすることが続き、

自分のカリスマ性をすっかり閉ざしてしまっていた。

 

まさに心に霧がかかっていた。

 

他人の事はよくわかるが、自分のことがわからない。

 

アナーハタチャクラのヨガの後、

 

股関節をクルクルと回し、

凝り固まった感情を開放していく。

 

可動域が柔軟になっていくと、

今度は胸が苦しくて、苦しくて痛い。

 

切なさが体中を駆け巡る。

 

それを拒否せず、ひたすらにその状況を見る。

 

アナーハタチャクラがそれを受け止める。

 

わたしが私を受け止める。

上と下、外側と内側のバランスを整えていく。

 

忘れていたことに気が付く。

 

いつもやってしまう。

 

自分の存在の価値。

 

誰でもない、自分で自分の価値を陥れる。

そうやっている自分を、

別の言葉でいうなら、「楽しんで」いるのだ。

 

苦しさを楽しむ。

 

なんという狂気的(笑)

 

人は幸せになる道が用意されているのに、

なぜか違う道を自ら選んでいる。

 

そのことを楽しんでいる自分を見てしまったとき、

自分に恥ずかしくなる。

 

いたずらを見つかったようななんとも言えない気持ち。

 

あ~、なんという茶番!

 

でも、本当のカラクリはここから!

 

私のエゴは、

あ~、なんという茶番!」という体験をしたいのだ。

 

アハハ!

 

はい、このループは今のままでは解消されません。

 

答えは、矛盾を超えた一つ上の意識レベルにあるのです(#^.^#)

 

という、最近のヨガからの学び&気づきでした。

 

 

お、今日は新月か!

 

writing:代表理事 杉山有希子