· 

自分の中心を知る

 

ヨガをするとき大切な一つとして、

「自分の中心を知る」だろう。

 

もっと具体的に言うならば、

「重心がとれているか?バランスはとれているか?」だ。

 

何処で重心をとり、バランスを維持するか?は、

身体に表れ、生き方に現われる。

 

私はずっと首と肩で重心をとり、バランスを維持していた。

なので、いつも肩こりや、偏頭痛に悩まされていた。

 

身体はいつも肩肘を張り、グッと首に力が入る。

 

つまりは、本当は弱い自分のに強く見せて防御している。

いつも何をしていても力が入って物事も人間関係も硬い(笑)

 

バランスは足で取っていると思っていたけど、

これは見せかけだった・・。

凄いよね、肩でバランスと重心をとっているなんて。

(だけど今は改善されましたよ。)

 

アーサナは、形が最重要ではない。

(誤解のないように言うが、本当は形は大切。ちゃんと意味があるから)

 

 

ポーズをとるとき、動いているとき、

自分の中心を維持できているか?と問い続けることは凄く大切。

 

そしてそれを丁寧に探っていく。

 

同時に湧き上がる感情に揺さぶられてはいけない。

 

圧倒されそうになっても、自分の中心を見つけられるか。

 

 

先日のヨガクラスで、重心が取れず出来なかったアーサナが

あった。

頭では重心が違うことは分かっていたけど身体が納得してない。

 

そういう時は自分の中心を知ることをおろそかにしている証拠。

 

 

翌朝のヨガで黙々と重心を意識してシークエンスをゆっくりする。

丁寧に身体に耳をすませて。

 

終わった後、出来なかったアーサナをしたら出来た!

重心がガラッと変わっていた。

 

ちゃんと適切なところに戻ってきた!

 

そうするとまた自分の世界も変わっていく。

 

 

あなたも自分の重心がどこにあるのか見つけてみてください。

身体はどのように現れていくでしょうか?

 

適切な重心・バランスが取れている身体だと、

もっともっと動きやすく生きやすくなるでしょう。

 

 

※写真は今月の朝ヨガ風景。

いつかはニューヨークのタイムズスクエアのように、

岡山桃太郎大通りを封鎖して国際ヨガデーしたい♡

 

 

writing:代表理事 杉山